市場介入と為替レート

市場介入と為替相場

為替レー卜の変動は歴史的に経済や政治に大きな影響を与えます。そのため各国の為替市場を管理している通貨当局では、「市場の動向が行き過ぎていないか」「投機的な動きは無いか?」を常に嵌しく監視しています。

 

 また時には、為替相場が行き過ぎた動きと判断すれば、実際に為替市場に参入して、相場を一定方向へ誘導したり、急激な変動のスピードを緩和するために相場と逆のオペレーションを行います。一般的にこれを『為替介入』や『市?介入』といいます。

 

 「1ドル=100円になったのを見て、政府日銀が「ドル買い介入」を実施して急激な円高をおさえる」ということです。このような市場介入は、国の意思を反映して行なわれることが多いため、外国為替市場では無視できない存在になっています。

 

日本における市場介入

日本は物を作って売る国で知られるように輪出政策をとっている国です。そして輸入関連企業よりも輸出関連企業が多い国である為、極度な円高が起こるたびにこの介入が行なわれてきました。

 

 介入には財務省主導による政府に地銀によって行われますが、その国だけで行う介入を単独介入と呼びます。またこれに対して各国の各国の中央銀行、政府が協力して、行う介入を協調介入といいます。

 

 こういった協調介入は年に一回開催される先進国首脳会議(サミット)やG7と言わ先進七カ国財務大臣、中央銀行総裁会議で協議されています。このような会議で発表される外国為替レー卜に関する声明は市場に対する中央銀行や政府の強いメッセージなので、日頃から注目しておくことはとても重要になります。

 

 しかし、注意したいのは、為替市場は単純ではないという点です。こういった中央銀行の市場介入があると、それに立ち向かうようにドル売りを仕掛ける投機筋もいて、根本的な市場の流れを止めることはできないケースがたびたびあります。
 こういった市場介入は、短期的な効果はありますが、市場全体のトレンドを変えるには至らないケースが多いようです。

市場介入と為替レート関連ページ

円高円安について
そもそも円高円安ってなんでしょうか?
為替レートはどうやって決まる?
ところで為替レートはどうやって決まるのでしょうか?日々変わる為替レートの仕組みついて解説してきます。
外国為替市場とは?
外国為替市場とはどこにあるの?どのようなとこで取引されているの?
外国為替相場はなぜ動するのか?
外国為替相場がどういつた要因で動くのでしょうか?
政治と為替
為替レートと政治についてはどのような関係があるのでしょうか?歴史気的に見ても大きな局面では相場が大きく動き出すことも珍しくありません!
経済と為替の関係
経済が為替に及ぼす影響は、様s¥ざま名要素があります。
投機と為替市場
投機筋の動きが為替に及ぼす影響はどれくらい強いのでしょうか?
双子の赤字
双子の赤字とは米国の巨額な財政赤字のことを指します。この赤字は為替にどのような影響をもたらすのでしょうか?