為替レートはどうやって決まる?

変動相場制

 為替レートとは、ある通貨とある通過の交換比率です。ではこの比率は何処でどのように決定されるのでしょうか?

 

 以前は固定相場制といって国同士が決まった比率で交換しており、その比率は固定していました。わが国でも1971年まで1$=360円と言う固定比率でやり取りがなされていました。(この固定相場制度の時代をブレトンウッズ体制と呼びます)

 

 しかし、世界の流れは急速に加速しているため徐々に対応できなくなり、変動相場制に移行して行きました。外国為替市場(インターバンク市場)は、世界のあらゆる国々が取引を行っています。
 現在のように貿易や旅行、株式、債券、投資など様々なやり取りがグローバルに展開されているため固定相場では対応が難しくなってきました。

 

 このように、外国為替市場は毎日1兆ドル(100兆円)以上も資金が動く巨大市場にになり、為替のレートは日々の需給バランスによって決定されています。円を購入したいと言う額が、円を売りたいと言う額よりも多ければ円高になるのです。

 

 

為替レートはどうやって決まる?関連ページ

円高円安について
そもそも円高円安ってなんでしょうか?
外国為替市場とは?
外国為替市場とはどこにあるの?どのようなとこで取引されているの?
外国為替相場はなぜ動するのか?
外国為替相場がどういつた要因で動くのでしょうか?
政治と為替
為替レートと政治についてはどのような関係があるのでしょうか?歴史気的に見ても大きな局面では相場が大きく動き出すことも珍しくありません!
経済と為替の関係
経済が為替に及ぼす影響は、様s¥ざま名要素があります。
市場介入と為替レート
ニュースなどで耳にする為替介入とは??いったいどのようなときに介入するのでしょうか?
投機と為替市場
投機筋の動きが為替に及ぼす影響はどれくらい強いのでしょうか?
双子の赤字
双子の赤字とは米国の巨額な財政赤字のことを指します。この赤字は為替にどのような影響をもたらすのでしょうか?