為替の動く仕組み

 外国為替市場で、為替相場がめまぐるしく変動していることは、ニュースなどをご存知であると思います。また、私生活においても海外旅行などの時に銀行やホテルで日本円を外国紙幣に交換した経験の方も少なくはないでしょう。

 

 最近では、円高セールや『円高だから旅行に行こうか?』などの会話もよく耳にします。円高になれば、旅行が安く済みますし、海外製品は安く手に入ります。これとは、玉に円安になると輸出関連企業にとっては追い風です。
 このように、為替相場は多くの生活に直結している問題であり日々の生活と密接な繋がりがあります。

 

 しかし、実際にFX取引になると『リスクがある』とか『難しそう』など悪いイメージを抱く人は少なくありません。コレに対して極少数の人は日本の低金利に目をつけ『チャンス』であると認識し、MMFや外国投資信託に積極的に投資を始めています。

 

 こおのカテゴリーでは、FXで一番基礎となる、為替の仕組みについて解説してまいります。

為替の動く仕組みエントリー一覧

円高円安について

 よくTVにのニュースなどで円安や円高などの言葉を耳にすると思います。基本的なことなのですが、円高や円安ってどういういみなのでしょうか?そもそも論ですがおさらいをかねて円高円安について解説して行きます。円高とは円の価値が上がることです1$=100円が1&=90円になったときこの現象は、円高でしょうか...

続きを読む

為替レートはどうやって決まる?

 為替レートとは、ある通貨とある通過の交換比率です。ではこの比率は何処でどのように決定されるのでしょうか? 以前は固定相場制といって国同士が決まった比率で交換しており、その比率は固定していました。わが国でも1971年まで1$=360円と言う固定比率でやり取りがなされていました。(この固定相場制度の時...

続きを読む

外国為替市場とは?

 外国為替市場には特定の取引所というものはありません。例えば、株式市場では東京証券取引所やニューヨーク証券取引所などのように特定の場所で取引が行われています。よくTVなどで、『今日の東京外国為替市場では、1$=100円を付けました』などと言うニュースが流れたりしますが、東京外国為替市場と言う場所はあ...

続きを読む

外国為替相場はなぜ動するのか?

外国為替相場がどういつた要因で決定的に動くかは多くの学者が研究を重ねていますが、いまだにはっきりとした理論は生まれていません。 それだけ外国為替の動きには未知な部分が多いともいえますが、逆にそれが大きな魅力となつていることも事実です。 基本的には2国間の政治的な影響、経済的な影響、人間心理などを含め...

続きを読む

政治と為替

 ある国の政治を見た場合に、その政治がどういった影響を具体的に為替市場に与えるかを一言で表現することは難しいものです。基本にあるのは、その時の政権がどんな為替政策を目指しているかが重要になってきます。 これまで日本では輪出国であることから円安が好感されています。もちろん輸入関連企業も多くありますので...

続きを読む

経済と為替の関係

 為替市場のと経済がどのように関係しているかについては、多くの要素があり単純なものではありません。 例えば失業率が何%なら、「その通貨は買い」で、GDPの上昇率が何%なら「その通貨は売り」というような公式があるわけでもありません。したがって、基本的には様々な指標を元に2国間の況感格差を総合的に見るこ...

続きを読む

市場介入と為替レート

為替レー卜の変動は歴史的に経済や政治に大きな影響を与えます。そのため各国の為替市場を管理している通貨当局では、「市場の動向が行き過ぎていないか」「投機的な動きは無いか?」を常に嵌しく監視しています。 また時には、為替相場が行き過ぎた動きと判断すれば、実際に為替市場に参入して、相場を一定方向へ誘導した...

続きを読む

投機と為替市場

 新聞やFX会社のニュースやコラム欄で『投機筋の動きが活発している』とか『投機筋が円を売っている』とか耳にします。しかし「この投機筋って、いったい誰なの?」と思ったことはないでしょうか? 実は、この投機筋を、具体的にどこの会社だとか、どこの組織であるとかは断定できません。言葉だけで解釈すれば、「大量...

続きを読む

双子の赤字

よくニュースなどで耳にする言葉に米国の「双子の赤字」というのがあります。双子の赤字とは、米国の巨大な財政赤字と経常赤字(貿易赤字)の二つの赤字のことをさします。の米国の双子の赤字は一九八〇年代からずっと継続しているもので、一時クリントン政権下では財政赤字が黒字に転じたことがありましたが、二〇〇三年に...

続きを読む