FXチャートの見方

FXチャート

読み方を覚えなければ、FXのチャートは使えません。FXの取引をする人が最近増えているようですが、取引を成功させるためには、為替の動きを予測しなければなりません。為替相場の変動を予想し、それに基づいて取引をするのがFXの大まかな流れです。FXで使われるチャートは、基本的に横軸を時間帯、縦軸に為替レートをとっています。一日ごとのレートを記録したチャートを一日足、5分ごとのチャートを5分足等と呼びます。

 

FXでどんなチャートにもよく使われるのがロウソク足チャートです。ロウソクの形に似ていることから、その名前が付けられました。黒いロウソクは陰線、白いロウソクは陽線です。太い部分実線と呼び、細い部分をひげといいます。

 

陽線のときは値上がり時で、陰線のときは値下がり時となり1分足なら1分ごとの動きを見ることができます。取引戦略に応じて、チャートの読み方には様々な方法があります。実践が長い場合は継続する可能性が高く、ひげが長い場合にはひげの方向と逆の力が強いということです。

 

FX取引にチャートを活用するためには、時間をかけてチャートを勉強し、自分なりの読みとり方を知ることです。FXチャートというのはあくまでも予想ですので、すべてを信じるのではなく他の分析方法も組み合わせながら取引をすることが重要だといえるでしょう。

FXチャートの見方関連ページ

FX投資のメリット
普通の何処にでもいるサラリーマン個人投資家がFX投資のメリットについて語っています
株より安全?
なぜFXは株より安全なのか?
小額資本取引
FX最大のメリットは小額資本取引にあった!
FX独自のリスク管理
FX独自のリスク管理には証拠金以上に損失を出さない仕組みがあります。